肥満体重の目安について

太っていることを漠然と肥満体型という人が多く、明確な定義というよりイメージで表現していることがあります。肥満の正しい意味は、脂肪が一定以上に多くなってしまった状態のことをいいます。肥満は、体重が多いこととイコールではありません。筋肉が多くて体重があっても肥満ではありません。決定的な要素にはなりませんが、体重があることは肥満である可能性もありますので、ないがしろにはできません。身長に対して太りすぎていないかどうかを知る尺度にはBMIがあり、客観的な数字て肥満かどうかの判断ができます。身長の二乗で体重を割ることで、簡単ですけれどBMIが算出可能です。自分の標準体重がいくつか知りたい場合は、身長×身長×22がおおよその数字になります。あくまでも、見かけと現在の体重によって求める式となっているので、体の中の状態までは評価することは出来ません。同じBMIでも、全身に筋肉がバランスよくついている人と、体脂肪率が高い人とでは、身体のコンディションはまるで違うものになります。カロリー過多な食事をしていたり、運動をしない生活を送っていると、BMIは標準でも脂肪がつきすぎていることがあります。肥満かどうかを知るには、身体の状態を計測する必要があるでしょう。もしも、健康状態を改善したいと考えているならば、生活習慣を改善することや、栄養の偏りがない食事をすることを意識しましょう。

肥満体重の目安について